ウエストにメジャーを巻く女性

昔と違って今は、10代からダイエットをしている人が増えました。若者に人気のInstagramなどを見れば、多くの女子中高生がダイエットに挑戦していることがわかります。これを読んでいる方の中にも、現在ダイエット中の10代の方がたくさんいらっしゃるのではないでしょうか。本来、10代という年代は代謝が良く痩せやすい傾向にあります。そんな痩せやすいはずの10代の子たちのダイエットとは、どんなものなのでしょうか。

10代でも太ってしまう原因は、摂取カロリーの増加

若い人は代謝が良く、摂取したカロリーを効率よく消費することができます。人間が生きていくためには、心臓を動かしたり体温を維持したりと無意識化での生命維持活動をしなければいけません。これを基礎代謝と呼びますが、基礎代謝は大人になるにつれ下がっていきます。基礎代謝のピークは15~17歳だともいわれます。つまり10代の方はただ何もしなくても大人よりもエネルギーを消費する量が多いのです。

ですから基本的には若い人は摂取カロリーよりも消費カロリーの方が多くなり、太ることはありません。ですが現代はファーストフード店で簡単にカロリーの高い食べ物を購入できたり、いつでも開いているコンビニにお菓子が売られていたりと誘惑がたくさん。昔と比べると、ジャンクフードが身近なものになっているのです。ジャンクフードは確かに安価で美味しく若者にぴったりなのですが、実はカロリーが非常に高く、健康にも良くありません。ハンバーガーセットをひとつ食べてしまうだけで、10代の代謝でも消費しきれないほどのカロリーを摂取してしまうことになります。また、成長期にあたる10代でこういったものを食べつづけていると、太ってしまうのはもちろん、健康にもいい影響はありません。

消費カロリーも下がってきている現代の若者

そして電車、バスなど交通網の発達も大きな要因に。部活動をしている子なら良いのですが、部活動に入っていない子であれば普段の運動の機会が極端に減ります。自宅に帰ってもゲームをしたりスマートフォンを触ったりと、ほとんど動かないことすらあります。

これでは10代のうちに作られるべき筋肉も衰えてしまい、どんどん代謝が落ちてしまいます。体の中で一番エネルギーを必要とするのが筋肉なので、筋肉がない10代の方はともすれば30代とも変わらないほどの代謝量になり、摂取カロリー分の消費ができなくなってしまうこともあります。

間違ったダイエットで太ってしまう

インターネットで気軽にダイエット情報を得られる現代の若者は、正しい知識を持たないまま危険な減量を行なってしまうこともあります。極端な食事制限などはエネルギー不足からの代謝の低下を引き起こしたりと、自ら痩せづらく太りやすい体質を作ってしまいます。

最近流行っている糖質制限ダイエットなども必要な栄養素を摂取できない可能性があり若い方には危険ですし、体内で酵素をたくさん作ることができる10代の方は酵素ダイエットもあまり意味がありません。代謝が悪いのか、甘いものを食べすぎたからなのか、太ってしまう要因はさまざまですから、ダイエット情報もきちんと「どういう人に向けたダイエットなのか」を見極めて取り入れるようにしなければいけません。

また、芸能人やモデルに憧れ「細い=美しい」という思いこみをしている子もたくさんいます。ですが成長期である10代のうちに極端な痩せ方をしてしまうと、健康に悪いばかりか食べることへの恐怖心から拒食症になるなど精神面でも悪い影響があります。気軽に見ることができる情報や写真などに惑わされないようにすることも大事です。

10代に食事制限ダイエットは必要ない

10代の体はまだ未熟な状態で、成長を続けている段階です。ですから体はこの時期にいろいろな栄養素を必要としており、食事制限で栄養が不足してしまうと健康上よくありません。特に女性はダイエットの影響でホルモンバランスが崩れてしまう恐れがあります。ホルモンバランスが崩れると生理不順や婦人科系の病気を引き起こしてしまうので注意してください。

もしどうしてもダイエットをしたいのであれば摂取カロリーを減らすのではなく、日々の運動量を増やすなど消費カロリーを増やすダイエットに取り組みましょう。若いうちは代謝もいいので、通学時に一駅歩いてみたり、お風呂上りにストレッチをするだけでもかなり効果がでます。

筋肉がつくと体重も増えますし一見太ってしまうようにも思えますが、筋肉は代謝を上げるために必要なもの。筋肉がついていると、痩せやすくなります。しかもぎゅっと引き締まった体に見えるので、単純に体重よりも見た目が美しくなります。また、姿勢を正して血流を良くすることも代謝を上げる上でとても大切なことです。つまり、健康な方が結果的に太りにくくなるのです。

食事でダイエットをしたい場合は、食べる物の量を減らすのではなく、食べる物の種類を変えてみましょう。例えば同じ鶏肉を食べる場合も、から揚げではなく茹で鶏にするなど少しの工夫をすれば、摂取カロリーを抑えることができます。食事はカロリーが低く、栄養があり、体を温めるものを中心にとるようにしましょう。和食は特におすすめです。

10代が飲むダイエットサプリメントは?

基本的にはダイエットサプリメントも10代のうちは必要ありません。体を作ると言う意味でも、食事から栄養を摂取することをおすすめします。正しい食生活を送るのが一番です。サプリメントとはそもそもダイエットをサポートするためのもので、摂取すれば痩せるというわけではありません。ですからしっかりと食事から栄養が摂れていれば、必要ないのです。

ダイエットサプリメントには、摂取したカロリーをカットするもの、糖質の吸収をブロックするものなどさまざまな種類がありますが、もし10代で摂取するとしたら、燃焼系のサプリメントにしましょう。燃焼系のサプリメントは体に蓄えられている脂肪を効率的にエネルギーに変換してくれます。ですから運動と組み合わせて摂取すると、効果がでやすくなります。

ダイエットサプリメントの飲み方

ダイエットサプリメントは、飲んですぐに効果が現れるものではありません。きちんとした食生活と適度な運動、それにサプリメントを飲む習慣を組み合わせて初めて効果がでます。ですからサプリメントを飲んでいるからといって暴飲暴食を繰り返していたりすると、ダイエット効果はありません。早く効果を出そうと大量に摂取することも、意味がありません。

サプリメントを飲む場合は、体を冷やさないよう常温の水で飲むこと。燃焼系のサプリメントは運動の前に飲むと良いですが、成分によっては食事の前に飲むことが推奨されているものもあります。用法、用量はきちんと守って摂取しましょう。わからないことがある場合はメーカに問い合わせたり、体に不調が現れた場合は医療機関を受診するなど、不安なことがあれば専門の人のアドバイスを受けましょう。

まとめ

10代は体を作る上で最も大切な時期です。と同時に、容姿が気になる時期でもあり、ダイエットをしたくなる時期でもあります。ですがこの時期に無理なダイエットをしてしまうと体に悪影響です。10代のうちは代謝が良く、痩せやすいので、あまり無理なダイエットはせず規則正しい生活を心がけてください。食事に気をつけたり、気づいたときに運動するだけでも充分効果がでるので、間違ったダイエット情報に惑わされず、まずは生活の見直しから始めてみてください。

ダイエットサプリ 比較