ダイエットとバストアップを両立!痩せながら胸を大きくする方法とは?

ダイエットとバストアップ。痩せながら胸を大きくする方法とは

女性が憧れる美しい体形といえば、メリハリボディ。ただ痩せているだけでは美しい体とはいえません。キュッとしまったウエストに豊かなバスト、ほどよく付いた筋肉があれば完璧ですよね。そんなメリハリボディを目指してダイエットに挑戦している方もたくさんいらっしゃると思います。やはり締まるところは締まり、出ているところは出ているのが理想。
そのためにはダイエットだけでなく、バストアップも同時に叶えたいところです。そこで今回はダイエットとバストアップを両立する方法についてまとめてみました。化粧品のクチコミサイト、アットコスメで効果ありと人気のダイエットサプリや、バストアップサプリも紹介しますので、“痩せながらバストアップ”という夢を叶えましょう!

ダイエットとバストアップの関係

まずは、ダイエットをするとバストがどうなるのかについて見ていきましょう。よく「ダイエットをすると胸から痩せていく」などといわれますが、こういった疑問についても解説します。

ダイエットをするとバストが小さくなるというのは本当?

バストショット

バストは乳腺と脂肪でできています。その割合は1対9と、ほぼ脂肪。ですから脂肪を落とすためのダイエットをしていると、当然バストも小さくなってしまいます。簡単にいえばバストは脂肪の塊。ダイエットは脂肪の多い部分から痩せていきますので、脂肪の塊であるバストは体の中でも特に痩せやすい部分だといえるでしょう。「ダイエットをすると胸から痩せていく」といわれているのもこういった理由からです。
 
また、ダイエットには適度な運動を欠かすことはできませんが、運動をするとバストが揺れてしまいます。ジョギングや縄跳びなどの運動をしているとバストは上下に揺れます。この動きがバストの脂肪を燃焼させることに繋がってしまいます。しかもバストは心臓に近く、脚や手首などの体の末端部分と比べて常に温かい状態です。
脂肪は温めると溶けやすくなるため、このことからもバストは体の中でも痩せやすい部分だといえるでしょう。揺れによって胸を支えているクーパー靭帯が切れて、バストが垂れ下がってしまうという危険性もあります。
 
こういった理由から、ダイエット中にバストが小さくなってしまうのはある意味仕方のないことです。もちろん個人差はありますし、上手にダイエットしていれば体中の脂肪が均等に減っていくので、トップとアンダーの差に変化がなくバストのサイズが変わらないこともあります。しかし多くの場合は、ダイエットをするとバストも小さくなってしまいます。

バストのサイズをキープしたまま痩せる方法

そう聞くと、ダイエットをするのに躊躇してしまう方もいらっしゃるかもしれません。ですが少し気を付ければ、バストのサイズがダウンするのをある程度防ぐことができます。
 
まず大事なのは、バストを揺らさないこと。ジョギングなどバストが上下してしまう運動をするときは、しっかりとバストを支えてくれるスポーツブラを着用するなど下着に気を付けましょう。激しい運動ではなく、ヨガや筋トレなどのスローペースの運動をメインにしても痩せる効果は変わりません。ダイエットに筋トレを取り入れる場合は、特にバストの土台となる大胸筋を鍛えると良いでしょう。バストを揺らさないようにしておけば、胸を支えるクーパー靭帯も保護できるのでバストの形もきれいに保てます。
 
また、姿勢を改善することも大切。姿勢が悪いとバストを形成している脂肪が下に流れ、形が崩れてしまいますし、バストトップの位置も下がりサイズダウンして見えるようになってしまいます。姿勢を良くすれば、筋肉が上に向きますし血液の循環も良くなるので、バストにより栄養がいきわたるようにもなります。

ダイエットをしながらバストアップするために

ダイエットとバストには大きな関係があることがわかりました。ではダイエットで痩せながらバストアップすることは可能なのかについて見ていきましょう。

トレーニングを取り入れてバストアップ

トレーニングをする女性

そもそもダイエットに大事なのは筋肉を付けること。筋トレで筋肉を付ければ、基礎代謝があがって痩せやすい体になれます。ですからダイエットに筋トレを取り入れるのはとても大事です。それと同時に痩せながらバストアップもしたいのであれば、大胸筋と骨盤底筋を鍛えましょう。
 
大胸筋はバストを支える土台のような役割をしているので、ここを鍛えると胸がしっかり支えられ上向きになります。大胸筋を鍛えると胸板が厚くなり、ウエストとの対比でバストが大きく見えるという効果もあります。最初に述べましたがバストは乳腺と脂肪でできているため、年齢と共に大胸筋が衰えるとバストは垂れて下がってきてしまいます。それを防ぐためにも大胸筋のトレーニングは必須です。
 
また、骨盤底筋を鍛えることも大切。骨盤底筋とは骨盤の奥にあるインナーマッスルで、この筋肉が鍛えられていると体の軸がしっかりします。お腹、背中、太ももに力が入るので、姿勢が良くなり体のメリハリが生まれます。全身の血行やリンパの流れも良くなるので、ホルモンバランスが整いバストアップにも繋がります。ヒップアップ効果があるので、メリハリある女性らしいボディ作りには欠かせない筋肉です。もちろん、下半身太りの解消にも効果ありです。

バストアップできる筋トレの方法

バストアップのトレーニング

大胸筋を鍛えるためには、背筋を伸ばした状態で胸の高さに両てのひらを合せ、腕の上部に力を入れるようにして手を押し合うトレーニングが有効です。簡単そうに見えますが、意外と力を使います。慣れてきたら両手を顔の前まで上げてキープし、次におへそのあたりまで下げてキープするとより高い効果を得られます。
 
骨盤底筋を鍛えるためには、背筋を伸ばしてまっすぐに座り、股の間に丸めたバスタオルを挟むトレーニングをおすすめします。ゆっくりと腹式呼吸をしながら、股に挟んだバスタオルを太ももで締めていくだけで骨盤底筋が鍛えられます。ポイントはゆっくりと力を入れて、ゆっくりと力を抜くこと。こちらも簡単ですがしっかりと筋肉を鍛えることができます。

マッサージでバストアップ

運動が苦手で筋トレはつらいという方は、マッサージに挑戦してみてください。バストの周辺にはリンパ管が多く集まっています。このリンパ管を流れているリンパ液は、体中の細胞で生じた老廃物を体外へ排出する働きを持っています。このリンパの流れが詰まってしまうと老廃物が上手く排出できず、体のむくみやこり、冷えなどの原因になってしまいます。
もちろんこれらは脂肪を燃えにくくする原因になるので、ダイエットの大敵でもあります。ですがマッサージでリンパの流れを良くすれば、こういった不調を取り除くことができます。体が健康になるのでホルモンバランスも整い、バストアップにも有効です。
 
また、マッサージすることで乳腺が刺激されバストが大きくなるという説も。そもそもバストは赤ちゃんに授乳するためのものです。乳はバストの内部にある乳腺という器官から出てきますが、この乳腺を守るために脂肪が付いています。ですから刺激を与えて乳腺を発達させれば自然とバストが大きくなっていきます。
 
つまり、マッサージには、女性らしい体を作るために必要な女性ホルモンの分泌を活発にさせる効果があるのです。

バストアップマッサージのやり方

そんな嬉しい効果満載のバストアップマッサージは、体が温まっている入浴中などに行いましょう。湯船に浸かってしっかり体が温まったところで、拳を作り肩甲骨の下側から胸の脇に向けてのラインを痛気持ちいいくらいの強さでなぞります。続いて胸をすくい上げるように持ち上げ、鎖骨の中心に向けて優しく揺らします。最後に両手を使って胸を中央に寄せるイメージで持ち上げます。マッサージクリームやジェルなどを使ってもOKです。

食事に気を付けてバストアップ

野菜の画像

バストアップには胸を支える筋肉を付けること、そしてマッサージで女性ホルモンの分泌を活発にさせることの2つが大事だということがわかりました。どちらもダイエット効果もあるので、ぜひ取り入れて欲しい方法です。そしてもうひとつ大事なのが食事です。
 
そもそも栄養が不足していると当然バストも小さくなりますし、体作りに必要なホルモンが正常に分泌されなくなってしまいます。特にバストアップには、プロゲステロンとエストロゲンという2つの女性ホルモンが大きく関わってきます。これらの女性ホルモンには、乳腺を発達させる働きがあります。
 
先にも述べましたが乳腺が発達すればそれを守ろうとしてバストに脂肪が付き、バストサイズが大きくなります。ですから女性ホルモンの分泌を活発にすることは、バストアップのために非常に大事なことなのです。ですからバランスのよい食生活でしっかり栄養を取り、女性ホルモンの分泌を促す必要があります。
 
次項で述べますが、女性ホルモンの分泌を促す食品もあります。そもそもダイエット中は、食事制限などで本来欠かしてはいけない栄養素が不足してしまっていることが多いので、ダイエットとバストアップを同時に叶えるためには食事に注意しなければいけません。

バストアップに有効な食品

イソフラボンを含む食品

バストアップのために積極的に摂りたい食品があります。まずはエストロゲンの分泌を高める働きを持つ、ボロンという成分を含むもの。ボロンは果物、ナッツ類、海藻などに多く含まれています。また、キャベツやはちみつ、レーズンなどにも含まれています。これらを食事に取り入れるようにしましょう。女性ホルモンに似た働きをするイソフラボンも摂取したい成分。イソフラボンは豆腐や納豆、豆乳などの大豆製品に多く含まれます。
 
女性ホルモンの分泌には直接関係しませんが、筋肉を作るのに必要なたんぱく質も積極的に摂取しましょう。特にチーズ、牛乳、小魚などには良質なたんぱく質が含まれています。
 
とはいえこれらの食材だけを摂取していればいいというわけではありません。ダイエットとバストアップに何より大事なのはバランスの取れた食事。女性ホルモンの分泌を促す食材を取り入れつつ、より多くの栄養素を摂れるよう食事には気を遣かいましょう。

サプリでダイエットとバストアップの両立を

ここまで読んでくださった方は、ダイエットとバストアップに何が大事なのかがわかってきたと思います。ですが忙しい現代女性には筋トレや自炊する時間がないということも。そんなときはダイエットサプリや、バストアップサプリを使ってみてください。

ダイエットサプリ、バストアップサプリは本当に効くの?

ドラッグストアなどに行けば多くのサプリメントが売られています。飲むだけで痩せる、飲めば胸が大きくなる、などと謳った商品もたくさんあります。ダイエットやバストアップに真剣に取り組んでいればいるほど、こういった商品の効果が気になるはずです。ですが結論からいうと、サプリメントは必ず効くというわけではありません。
飲むだけで痩せたり、胸が大きくなったりするというものはないと思ってください。
 
サプリメントはあくまで補助食品。適度な運動と栄養バランスの取れた食事やマッサージなどを行ったうえで、効果を発揮してくれるものです。それぞれのサプリメントには、効果をもたらしてくれる栄養素が配合されていますから、飲んでも意味がないというわけではありません。むしろ、本気でダイエットやバストアップに取り組んでいる方なら摂取したほうが良いでしょう。

ダイエットとバストアップを両立するサプリ

化粧品のクチコミサイト、アットコスメでも人気のダイエット&バストアップサプリを紹介しておきます。雑誌のモデルやブロガーにも愛用者がたくさんいるので、効果はお墨付きです。ただしあくまでも個人差があるものなので、必ず効くとは断言できないことはご了承ください。

ハニーココD

ハニーココD

ハニーココDは、雑誌『JELLY』のモデル、松本愛さんがプロデュースしているサプリ。女性ホルモンのエストロゲンに似た働きをするプエラリア・ミリフィカや、大豆イソフラボンなどが配合されています。プエラリア・ミリフィカは、大豆の40倍ものイソフラボンを含むといわれているものです。豆乳を飲むよりも効率的かもしれませんね。
 
そこに糖の吸収を抑えるコレウスフォルスコリ、脂肪の燃焼を助けるL-カルニチン、むくみを解消してくれるメリロートエキスなどのダイエット成分もたっぷり配合されています。バストアップもダイエットもしたいという方にぴったりのサプリメントです。そのほかにも美肌作りに欠かせないビタミン類なども配合されているので、これを飲めばキレイになれるといっても過言ではないでしょう。
 
味はヨーグルト風味で、ラムネのようにおやつ感覚で食べることができるのも嬉しいポイントです。ハニーココDのパッケージは、とっても可愛くてパッと見ただけではバストアップサプリメントには見えないので、バッグに入れて持ち歩いていても恥ずかしくありません。
 
なんと先行モニターに参加した人の86%が、1~2週間以内に効果を実感したという報告もあります。副作用も特にないようなので安心ですね。

ぷるるん女神

ぷるるん女神

もうひとつ有名なバストアップサプリに、ぷるるん女神という商品があります。こちらにもプエラリア・ミリフィカが配合されています。また、女性ホルモンのバランスを整える効果があるブラックコホシュというハーブも使われていて、これらがバストアップに作用します。
 
ダイエット成分には、3つのアミノ酸を合わせた燃焼系アミノ酸BCAAや酵素が配合されていて、脂肪燃焼・便秘解消などの効果をもたらしてくれます。ちなみにハニーココDにも含まれている糖の吸収を抑えるコレウスフォルスコリも配合。さらにプラセンタやコラーゲンといった美容に欠かせない成分も入っているので、痩せながらバストアップできるだけでなく、美肌にもなれるという魅力的なサプリメントです。
 
ぷるるん女神はアットコスメでの評価も高く、「ウエスト周りのお肉がなくなった」「肌まできれいになった」などの喜びの声がたくさんあがっています。ただしある程度の期間飲み続けたないと効果が現れないとのことなので、公式サイトから定期購入コースに申し込んだほうがいいかもしれません。定期購入コースは普通に購入するよりもかなりお得になるのでおすすめです。

まとめ

痩せながらバストアップするには、女性ホルモンのバランスを整えることと胸の筋肉を鍛えることが必須。ダイエット中は栄養が不足しがちになるので、サプリメントを併用して不足分を補うといいでしょう。
バストのほとんどは脂肪でできているので、ただ単にダイエットをするだけでは、バストも一緒に痩せていってしまいます。
それではもったいので、せっかくなら細いだけではなく出るところがしっかり出たメリハリボディを目指しちゃいましょう!

サブコンテンツ