海外のダイエットサプリは危険なのか?効果があると口コミで人気の海外ダイエットサプリについて

痩せている女性

誰もが一度は思う「痩せたい」という願い。それを叶える魔法のような薬があったら、誰もが試してみたいと思うのではないでしょうか。世の中にはさまざまなダイエット方法がありますが、その中でも「ダイエットサプリ」は、ラクして痩せられると口コミで人気を集めています。
 
特に、海外のダイエットサプリは、効果が高く、人気があると言われています。しかし、日本の基準とは異なるため、副作用が強いのではないかなどと健康被害を心配する方が多いのも事実です。
 
そこで今回は、効果があると口コミで人気の商品についてご紹介します。

アメリカなど海外ダイエットサプリの現状

サプリメントが並ぶ店の商品棚

アメリカはダイエットサプリをはじめとした「サプリメント市場」が活発で、栄養補助食品と言われるダイエットサプリの年間売り上げは約160億ドル、毎年平均1000種類もの新商品が市場に出ていると言われています。
 
これだけの市場が確立されているのには、アメリカの医療事情や人口が関係しているのですが、その最大の理由は、アメリカでは国民皆保険制度が確立していないことにあります。
 
そのため、アメリカではサプリメントで栄養を補い、病気予防をすることが当たり前となっていて、日本に比べて大きな市場となっているのです。

海外製サプリの概念

アメリカのサプリという概念は、「ダイエタリーサプリメント健康教育法」という法律で定義されています。この法律では、サプリを使用することで寿命を延ばし、医療費の削減につながると明記されています。
 
こうした事情から、アメリカにおけるダイエットサプリは信頼性の高い製品と言えるようです。

海外のダイエットサプリの有効性や安全性について

FDA

そこで、心配に思うのは「安全性」ではないでしょうか。服用したときに体に危険がないのか、それが一番大事なポイントだと思います。
 
アメリカにおいて安全性については米国食品医薬薬局(FDA)が管理しています。FDAは、情報表示に関してもしっかり行い、安全に使用されるよう監視しています。品質管理に関しても、認定工場が設定されており、それ以外で製造された製品の販売に対し、取り締まりを行っています。
 
日本で製造された商品は、国の認定が必須ではないため、アメリカで製造されたものより、むしろ危険性をはらんでいて、健康食品業界が抱える問題の一つとなっているのです。そのため、日本製品よりもアメリカ製品の方が、安全性が高いと言えるのかもしれません。

外国製ダイエットサプリの購入時における注意点

日本製品よりも外国製の方が安心かつ強い効果が得られると言われるのなら、使ってみたいと思ってしまいますが、そう思った人は注意が必要です。
 
実際に使用するとなると、全くリスクがないとは言えませんので、注意が必要です。購入の過程において、以下の点に注意するとともに、あくまでも自己責任で購入・服用することを肝に銘じましょう。用法容量を守ることはもちろん、影響を受けるのは他でもない自分ですので、日本製品ではないということを自覚して、購入・服用するようにしてください。

注意点
  • 販売元の確認
  • 日本と製品基準が異なるかどうか
  • 日本人に対応しているかどうか
  • 偽造品・過大な広告表示
  • 商品の不届き

ダイエットサプリの効能と種類

サプリメントを掬うスプーン

日本製品と同様に、効能別にさまざまな種類があります。そのためダイエットサプリを選ぶに当たっては、自分の必要としている効能があるのかどうか確認した上で、購入するようにしましょう。それでは、それぞれが持つ効果について紹介していきます。

食欲を抑える

サプリメントを飲むことで、満腹感を得られ、食欲を抑えることができます。そのため、食事の前に飲むことにより、食事の量をコントロールし、ダイエット効果をもたらします。

脂肪の燃焼

特に女性は、脂肪を落としにくく溜めやすい体質ですので、脂肪燃焼ができにくいと言われています。そのため、脂肪燃焼を助けるサプリメントを日常的に摂取すれば、大きな効果が得られる可能性があります。

デトックス、便秘解消

便秘に悩む女性

これはいわゆる便を排出することによって、体重を減らすというサプリメント。製品によって便秘に対するアプローチが異なるので、自身の症状にあった商品を選ぶことが大切です。
 
ただし、日ごろから便秘に悩んでいる方は、薬に依存してしまう可能性もあるので、使い方には十分な注意し、場合によっては医師への相談も行いましょう。

油分、炭水化物、糖分の吸収抑制

ダイエットの天敵である、油分・炭水化物・糖分。それらの吸収を抑制する成分が含まれているサプリメントです。製品によっては酵素へ働きかけることで、過剰な食欲を減らし、ダイエットの効果をサポートしてくれます。

むくみの解消・改善

むくんでいる足のマッサージ

利尿作用や発汗作用がある成分を配合したサプリメント。肥満の原因の一つでもあるむくみを解消できます。
 
むくみと肥満は関係がないと思われがちですが、むくみが原因で老廃物がたまり、そのことで血のめぐりが悪くなり、脂肪がたまって肥満になるというメカニズムですので、むくみの解消がダイエットにつながるわけです。

効能の裏側にある危険な副作用

使うときに一番気を付けたいのが、副作用です。副作用については、いろいろな事例があり、厚生労働省や日本医師会などのホームページで注意喚起されています。
 
日本で認可されていない成分が含まれている製品もあるので、使い方によっては、副作用の危険があるので注意が必要です。例をあげると下記のような副作用があります。

主な副作用
  • 肝機能障害
  • 服用過多による体調不良
  • 吐き気
  • 頭痛
  • 薬の併用による死亡
  • 下痢

特に注意すべき口コミで人気のダイエットサプリの特徴

さまざまな種類がありますが、特に注意がひつような口コミで人気の商品を2つご紹介します。

未承認である成分を含むサプリメント「ラミ」

LAMI

個人輸入が可能なサプリメントの中でも、日本では未承認である成分を含んだものが、平然と売られています。その一つが「ラミ」というサプリメントです。これはインドネシアの製品で、食欲抑制剤として注目されました。
 
しかし、危険な成分とされるシブトラミンという日本では未承認の成分が配合されています。シブトラミンの副作用としては、頭痛や吐き気、便秘、高血圧、心拍数上昇などの症状が報告されています。日本では、医薬品扱いとなっているため、ラミの服用には医師に相談するのが望ましいとされています。

下剤系サプリメント「ゼニカル」

ゼニカル

ゼニカルは肥満治療薬として広まり、脂肪吸収を抑制する効果が期待できる製品です。しかし、その副作用は強く、脂肪分の吸収を抑えて体外に排出するので、油分がそのまま排出されたり、下痢症状が続いたり、急な便意をもたらすといった副作用の症状が出るとされています。
 
このような症状が1週間~4週間続き、中には数か月続くこともあるようです。他にも、肝臓や腎臓の機能障害も報告されているため、飲まない方が好ましいサプリメントの一つとされています。

ダイエットサプリを選ぶポイント

上記を踏まえて、選ぶポイントをまとめました。ポイントを抑えて、危険な目に合わないよう注意しましょう。

ダイエットサプリを選ぶポイント
  • 目的の用途:自身の体質を確認
  • 製品の販売元:正規ルートでの購入
  • 配合成分:日本で認可されている成分かどうかの確認
  • 副作用の有無:ここが最も重要で詳細な調査・確認
  • 口コミ評判:実際に使った人の評判を確認
  • 飲みやすさ:形状によっては大きくて飲みにくいものもあるので注意

人気のある海外ダイエットサプリは100%安全ではない

サプリメントを顕微鏡で観察

簡単に痩せたいと思うのは、一度は誰もが思うことです。特に効果が高いと言われているため、使ってみたいと思う人は多いでしょう。いまの時代、ネットショッピングが簡単にできるようになったこともあり、利用者は増加の一途をたどっています。しかし、簡単に痩せられることの裏には、多くの危険が伴うことを忘れてはなりません。100%安全であるとは言い切れないのが事実です。
 
商品自体の危険性を知ることも大切ですが、広告や口コミを安易に信じることのないよう注意しましょう。大丈夫だろうという安易な気持ちが、一番大切にすべき健康を損なうことにつながりかねないのです。それでもサプリメントで痩せたいという方は、十分な知識と注意力を持って、自分自身にあった製品を使用するようにしましょう。
 
ダイエットサプリメントは薬ではなく、あくまでも健康を補助する食品です。重点を置きすぎない健康的なダイエットを心がけましょう。

サブコンテンツ