腸内環境改善サプリ

腸内環境改善サプリ

ダイエットといえば食事制限や運動をするのが一般的です。しかし、いくら好きな食べ物を我慢しても、一生懸命筋トレなどの運動を続けても、なかなか体重が落ちないといった経験した人は少なくないはず。
そんな人は、もしかすると腸内環境にダイエットの成功を邪魔されているのかもしれません。実は腸内環境はダイエットと非常に密接な関係があるのです。

ダイエットと腸内環境の関係

人間の腸の中には多くの種類の細菌が生息しています。その種類はなんと100以上。数にすると500兆個以上ともいわれています。この細菌は腸の大きな仕事である食べ物の消化や吸収、不要物の排出などを手助けして、健康な生活が送れるように手伝ってくれています。
 
しかし腸内に生息する細菌は、人間の役に立つものだけではありません。腸の活動を活発にしてビタミンを作り、人間の健康を手助けしてくれるのが善玉菌です。その代表的なものがビフィズス菌や乳酸菌です。
 
反対に、腸内のものを腐らせたり、ガスを発生させたりする菌が悪玉菌です。この悪玉菌の代表的なものは大腸菌やブドウ球菌などです。
さらに腸内には善玉菌と悪玉菌だけではなく、腸内環境の変化によって善玉菌にも悪玉菌にもなる日和見菌と呼ばれるものも生息しています。
 
大まかにいうと、これら三種類の細菌の活動によって腸内環境は良くなったり悪くなったりします。お花畑のようにたくさんの種類の菌がいることから「腸内フローラ」と呼ばれることもある腸内環境ですが、善玉菌が2に対して悪玉菌が1、日和見菌が7という比率のときがベストな状態です。
しかし生活習慣や食生活が乱れたり、食物繊維や水分が不足したりすると、この腸内環境はあっという間にバランスを崩してしまいます
 
すると、善玉菌が減少する一方で、悪玉菌が増加し、さらに悪玉菌に味方する日和見菌も増えてしまいます。そうなってしまうと、身体は不要なものであっても、スムーズに身体の外に排出することができなくなります。これがいわゆる「便秘」という状態です。
便秘になってしまうと、不要物が身体の外に出られなくなるだけではなく、体内で腐敗が進み有害な物質が増加し、一層腸内環境が悪化して必要な栄養素も吸収できなくなってしまいます。そうなると、身体は食べたものを次々と貯めこむという負のスパイラルに陥って、食べた量は少ないのに太ってしまったり、なかなか体重が落ちなかったりという結果がになってしまうのです。
 
つまり、腸内環境が悪くなると、太りやすい体質になってしまうということ。そのため、ダイエットを行うときには腸内環境の改善が不可欠なのです。

腸内環境を整えるにはサプリがベスト

それでは腸内環境はどうすれば改善できるのでしょうか。
 
まず必要なのが毎日の食生活を改善することです。たとえばお米。毎日の主食として白米を食べている人は多いかと思いますが、この白米は食物繊維が少なく、腸内環境改善には役立ってくれません。
腸内環境の改善を目指すなら、白米ではなく玄米や麦、雑穀などがベストです。これらは食物繊維を豊富に含み、腸内の不要物をからめとって身体の外に排出する役割を果たしてくれます。
 
さらに野菜を積極的にとることも非常に重要です。野菜は食物繊維だけでなく、オリゴ糖という糖分を豊富に含んでいます。このオリゴ糖は、善玉菌である乳酸菌やビフィズス菌のエサになります。
 
善玉菌は悪玉菌の増殖を防ぎ、腸の免疫力を高めて不要な栄養素を貯めこんだり、吸収したりするのを防いでくれます。
また、腸の中には脂肪の吸収をストップさせたり、脂肪の燃焼を促進したりといったダイエットに役立ってくれる細菌、いわば「痩せる菌」も生息していますが、これらの細菌もオリゴ糖によって活発に活動を行うようになります。
 
そのほか、納豆やヨーグルト、チーズなどの発酵食品、豆類、海藻などをしっかり食べることも腸内環境を整えるために大事です。
 
しかし、これらの食材を毎日の食生活に取り入れるのは非常に難しいもの。特に仕事などで忙しくしているときには、どうしてもコンビニや外食などに頼りがちになってしまいます。そうなるとどうしても肉類や炭水化物が中心の食事になり、必要な栄養素が不足してしまいます。
 
そんなときに頼りになるのが痩せる腸内細菌サプリです。サプリメントなら毎日の食生活にプラスするだけなので、非常に手軽に取り入れることができます。サプリメントが腸内環境を正しい方向に導いてくれます。

腸内環境改善サプリの種類や選び方、購入方法

それでは腸内環境を整えるためには、どのようなサプリを選べばいいのでしょうか。腸内フローラのバランスを整えてくれるおすすめのサプリが乳酸菌サプリです。
すでに説明した通り、乳酸菌は善玉菌の中でも重要な役割を果たす存在ですが、食事からだけでなくサプリメントで直接善玉菌を腸内フローラに送り込むことで、腸内環境を改善に導くことができます。
ビフィーナS
乳酸菌サプリの中で人気なのは、「ビフィーナS」。森下仁丹から販売されているこのサプリは、生きたビフィズス菌のロンガム種を含んでいます。ロンガム種のビフィズス菌は、人間の腸の中で生息するビフィズス菌の中でもごく一般的なものです。ビフィーナSはビフィズス菌を生きたまま腸まで届けてくれます。
 
ネットの口コミなどでは、非常に効果があった、まったく効果がなかったなど様々な意見がありますが、身体に合わなかったとか、副作用があったという意見は少ないため、安心して試せます。
 
では「ビフィーナS」はどこで買えるのでしょうか。ドラッグストアや薬局などでは、「ビフィーナR」というサプリが販売されていますが、このサプリはサプリ初心者向けのものなので、ビフィーナSの効果をすぐに試してみたいという人には少し物足りないかもしれません。ビフィーナSを購入できるのは、公式サイトのみです。「ビフィーナS」で検索してみてください。
善玉菌のチカラ
乳酸菌サプリの中で「ビフィーナS」と同様に人気なのが、「善玉菌のチカラ」。このサプリメントは、クレモレス菌FC株という乳酸菌を生きたまま凍結し、粉末にしたものを10億個含んでいます。特に「善玉菌のチカラ」は、乳酸菌だけでなく海藻に由来した食物繊維も含んでいるため、ダブルの力で腸内フローラの環境整備をサポートしてくれます。
 
こちらもネットの口コミは非常に良好で、安心して服用できるサプリメントです。また「善玉菌のチカラ」は、佃煮などで有名な大手企業のフジッコが販売していますので、これも安心できる材料といえます。
ただし「善玉菌のチカラ」も、「ビフィーナS」と同じくドラッグストアや薬局などでの販売はなくネット通販のみとなっています。
48種の発酵植物×食物繊維・乳酸菌
ネットではなく、ドラッグストアで手にとって見ることのできるものがいいという人には、ディアナチュラから販売されている「48種の発酵植物×食物繊維・乳酸菌」がおすすめです。このサプリには、「有胞子性乳酸菌」が約1億個配合されているほか、8種類の野菜、23種類の果物、7種の穀物をブレンドした植物発酵エキス、ビタミン、ミネラル、食物繊維なども入っています。20日分80粒で900円と手ごろな価格になっており、気軽に乳酸菌サプリメントを始めることができます。

まとめ

腸内フローラを整えれば、不要なものの排出がスムーズになり、脂肪などを取り込みにくい身体を手に入れることにつながります。腸内フローラが乱れがちな現代人には、サプリメントは非常に便利な存在です。ただし、あくまでもサプリメントの使用は補助的なものと認識しておきましょう。
基本となるのは正しい食生活や生活習慣です。腸内環境は精神的なストレスにも影響を受けやすいので、食事に気を配るだけでなくリラックスした時間を持つことも必要です。

サブコンテンツ